<< ヴィレッジ | main | ほえる犬は噛まない >>

殺人の追憶

殺人の追憶

殺人の追憶
http://bit.ly/MemoriesofMurder

映画に詳しいviewbooさんのオススメもあって、以前から気になっていた韓国映画「殺人の追憶」をDVDで観た。

6年間で10人の女性が殺害されたという、1986年から1991年に実際に起こった未解決の連続猟奇殺人事件を扱った作品というのも驚きだが、韓国での2003年の観客動員が560万人というのもすごい。韓国人なら誰でも知っている事件らしく、事件の再捜査を求める社会運動が起こったり、韓国では社会現象までになった作品とのこと。

この斬新な「実話サスペンス」の脚本を書き、演出をしたのは、まだ長編2作目という1969年生まれのポン・ジュノ監督。なんという才能なんだろうと思った。ユーモア、サスペンス、キャラクター造形、人間ドラマなど、映画として必要な要素をうまくちりばめ、長回し撮影を多用しながらも緊迫感のある映像と役者の最高の演技を引き出している。テクニック的には、どこかアメリカのポール・トーマス・アンダーソン監督を思わせる、若くして熟練さを感じさせる力のある監督だと思う。

混迷する捜査の過程において何人かの容疑者が浮かび上がりは消え、刑事たちは焦り苛立つ。2人の刑事のキャラクターは対比的に描かれ、地元の田舎刑事が強引に容疑者を犯人に仕立てあげようとするシーンは、ほとんどコメディのように笑ってしまう。一方でソウルから派遣された刑事が、データを重視した科学的捜査でしだいに犯人像をしぼりこんでいく過程はサスペンスフルだし、エンターテイメントとしてのストーリー展開はホント絶妙である。

実際、まだ犯人は捕まっていないので、エンディングも未解決なままなわけですが、ラストのソン・ガンホの視線は、もしかしたらこの映画を観るかもしれない犯人に向けられたメッセージでもあると、監督は語っている。まさに現在進行形の実話作品である。しかし15年の時効も近い。8番目の事件までの時効はすでに成立している。2006年4月3日で最後の事件の時効が来てしまうのだ。

「おまえが殺ったことを憶えているか?」
というキャッチコピーもまさに犯人に向けられたメッセージになっている。

殺人の追憶 [DVD]
殺人の追憶 [DVD]
2004.10.21 Thursday | permalink |  KOREA | -  | 

スポンサーサイト

2017.12.17 Sunday | permalink |  - | -  | 

Comment
トラックバックさせていただきました。自分とは視点の違うレビューを読ませてもらうのは面白いですね。
| tutti | 2004/10/27 8:08 PM |
ありがとうございました。
エドワード・ヤンの書き込みしておきました。
| gaucho | 2004/10/28 6:15 PM |
TBさせてもらいました 最近韓国映画、ドラマにはまってます
田舎刑事が強引に容疑者を犯人に仕立てあげようとするシーンは、ほとんどコメディのように笑ってしまう
しかし、日本でも実際の行われてきた捜査手法なんですよね。 怖い物がありますね
| 夕凪 | 2006/01/10 9:42 PM |
Comment Write









Trackback URL
   
Trackback
『殺人の追憶 MOMORIES OF MURDER』
久々にやられた、とショックを受けた。 未解決の殺人事件を、少しだけフィクションを織り交ぜ描いている。結局現在でも捕まっていない犯人を追及したいのか、あるいはそんな事は毛頭気にせずに描いたのか、社会的なフィルムなのかそうではないのか、観終わった後もそれ
| tuttizm | 2004/10/27 8:06 PM |
殺人の追憶
ポン・ジュノ監督 私の評価 △ 2006年1月 TV録画 ソン・ガンホ主演、キム
| 日々のつぶやき 一緒に人生楽しもうぜ | 2006/01/10 9:40 PM |
殺人の追憶
★★★★☆ 正月深夜映画の第2弾です 登場人物たちの心理描写やストーリー展開がとても巧みで、とてもよくできた映画だと思います。実話に基づく話で、実際にはどうであるのかということは知っていたのですが、結末がどうなるのか最後までわからないように作ってある
| ☆星をつける生活☆ | 2006/01/13 9:53 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/02/27 7:58 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/10/12 3:43 PM |
RECOMMEND
Namy Black
SocialMedia
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE